京都行くならこのお寺!

京都行くならまずはこの寺に行きたいと思う場所や、見どころを紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

銀閣寺、ちょっと渋いけど見に行きたい!

慈照寺、通称銀閣寺は京都市左京区にあるお寺です。
創立者は室町幕府8大将軍足利義政、開山は夢想疎石とされています。
「古都京都の文化財」の一部として世界遺産に登録されています。

CIMG0831.jpg


銀閣寺としてあまりに有名な慈照寺には、

室町時代後期の東山文化を代表する建築と庭園があります。

錦鏡池を中心とした池泉回遊式庭園で

苔寺で有名な西芳寺庭園を模して造られたとされています。


「銀閣」

銀閣は観音堂の通称で、3大将軍足利義満が建てた金閣と対比して用いられます。

下の心空殿は住宅風に上の潮音閣は唐様の仏堂になっています。

書院造りにつながる東山文化の代表的建築です。

金閣には金箔が貼ってあるのに対して銀閣には銀箔が貼られていません。

当時は貼ってあったとか、貼る予定だったとか諸説ありますが、

科学的調査の結果、貼られていなかったことが明らかになっています。


「銀沙灘と向月台」

CIMG0832.jpg


白砂に波模様のデザインと高く盛られた造形物、

奥に構える銀角を見ながら座ってぼーっとするのが好きです。

ただ、参拝客の多い日は行列が目に入って気が散るので要注意。


「東求堂」

右奥には書斎があり同仁斎とよばれ、

北側に設けられた付書院と違棚は現存する最古の遺構だそうです。

四畳半の原型で和風住宅の原点と言われています。



CIMG0840.jpg


高台からみる銀閣もなかなかいいです。

CIMG0841.jpg


銀閣の定番スポットです。


この時代から植林が始まったと言われています。

金閣寺を立てる際に大量の木材が使われた為に

早く育つ杉が大量に植えられ、製材の技術が発達したとか。

そんな話を聞いたこともあります。良いか悪いかわかりませんが、

お陰で今日の日本には杉がたくさん残っています。

関連記事

| 銀閣寺 | 16:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kyoto219.blog.fc2.com/tb.php/7-794aceb2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。