京都行くならこのお寺!

京都行くならまずはこの寺に行きたいと思う場所や、見どころを紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

龍安寺の石庭を見に行きたい!

龍安寺「石庭」

龍安寺は京都市左京区にあるお寺です。
創立者は細川勝元、初代住職は義天玄承とされています。
「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されています。

石庭全景


龍安寺といえばエリザベス女王も訪れたという「石庭」が有名です。
白砂を大海、石を島に見立てた枯山水の代表的作品です。
作者は諸説あって定かではありません。
別名「虎の子渡しの庭」とも言われています。

大小15の石が無造作に配置されたシンプルな庭ですが、
禅の境地と言われ、庭をどう感じるかは見る人に任されていて、
自由に解釈していいそうです。

ある人は15個の石がすべて見えるだとか、全部は一度に見えないとか、
一箇所だけ全部見渡せる場所があるとか、様々です。
ただ、私のように何も考えずにぼーっと眺めているだけでもいい気分になれます(笑)
周りを囲む塀も奥に向かって高さを変えてあり奥行きを感じるように作られているそうです。
桜の季節には正面の枝垂れ桜が良い感じのアクセントになってくれます。

「知足の蹲踞」

つくばい


建物の北側には水戸光圀の寄贈とされるつくばいがあります。
真ん中の四角を「口」として「吾唯足知」(われ、ただ足を知る)と読むそうです。
(順番は諸説あるそうです。)

「侘助椿」

侘助椿


つくばいから更に進むと左手に侘助椿があります。
日本最古のものとされ、こちらも諸説ありますが
侘助という人が朝鮮から持ち帰ったと言われています。

「鏡容池」

鏡容池


お寺の南側には広大な池、鏡容池があります。
昔はおしどりで石庭よりも有名だったそうです。
真田信繁夫妻の墓が鏡容池に存在するらしいですが非公開です。
真田信繁は真田幸村と言ったほうがわかりやすいかもしれません。

「おみやげ」

葉書


お土産は手ぬぐいやポストカードなどたくさんありますが、
私のお気に入りは切り絵の葉書です。なんとなく渋くて好きです。

「御朱印」

御朱印


龍安寺の御朱印です。
関連記事

| 龍安寺 | 18:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kyoto219.blog.fc2.com/tb.php/5-e5b0e664

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。