京都行くならこのお寺!

京都行くならまずはこの寺に行きたいと思う場所や、見どころを紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「神社」の基礎知識

「神社」

その昔日本では八百万の神様が宿っていると考えられていました。

岩や木そのものが神様でした。

中には山そのものが神様というところもありました。

なので拝殿しかなく今のような本殿を持つのはもう少し先のことでした。

その後本殿を持つようになり日本独自の建築様式ができてきましたが、

6世紀に仏教が伝わると仏教人気に押され神社も仏教色に染まりました。

神像を作ったり、「神は仏の仮の姿である」という説まで出てきました。

それでも神社特有の特徴は残っています。

神社の入り口でもある「鳥居」真っ直ぐな「参道」、一対の「狛犬」、

本殿の屋根の「千木」や「堅魚木」など見どころはたくさんあります。

「千木」の切り口が地面と垂直なら外削ぎと言って男神様、

地面と水平なら内削ぎと言って女神様が祀られていると言われます。

「堅魚木」も奇数なら男神様、偶数なら女神様と言われてますが、

どちらも例外があるそうです。少し気にしてみるだけで違いがわかると思います。

神社の参拝方法。

鳥居の前で一礼。

参道は隅っこを歩く。真ん中は神様の通り道。

手水舎で手と口を清める。

(左手・右手・左手に水をためて口をつける・もう一度左手・柄杓を立てて水をかける)

お賽銭はそっと入れる。鈴を鳴らし2礼2拍手をしてお祈り。

最後にもう1礼。名前と住所を伝えたほうがいいみたいです。

場所によっては違うこともありますのでよく確認して下さい。

少しくらい違っても神様は怒ったりしないと思いますが、

知っておいたほうがいいと思います。

関連記事

| マメ知識 | 15:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kyoto219.blog.fc2.com/tb.php/12-c53547f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。