京都行くならこのお寺!

京都行くならまずはこの寺に行きたいと思う場所や、見どころを紹介しています。

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プライバシーポリシー

■cookieについて
当サイトでは、広告配信事業者であるGoogle(グーグル)社による広告サービスを利用してcookie(クッキー)を使用した広告を配信しています。cookieとは、ウェブサイトを提供するサーバーとウェブサイトにアクセスしたユーザーのブラウザとの間で送受信した情報をユーザーのコンピュータ内にファイルとして保存しておく仕組みのことで、Google社はcookieを使用したアクセス情報に基づいてユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を配信することが可能です。cookieによりユーザーのコンピュータは特定されますが、ユーザー個人を識別できるわけではありません。cookieの使用は業界の標準となっており、ユーザーに有益な機能を提供することを目的として、多くのウェブサイトで使用されています。
■cookieの設定について
ユーザーはGoogle社の「広告およびコンテンツネットワークに関するプライバシーポリシー」のページにアクセスし、cookieオプションを使用しないように設定することができます。また、ブラウザの設定を変更することでもcookieの送受信の許可・拒否を選択することができ、ブラウザに保存されているcookieを削除することもできます。ただし、cookieの送受信を拒否またはクッキーを削除した場合、一部の機能が使用できなくなることがあります。ご使用のブラウザでのcookieの設定や削除の方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能にて詳細をご確認ください。
スポンサーサイト

| 初めての方へ | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お問い合わせ

 管理人へのお問い合わせはお気軽にサイドバーのメールフォームよりご送信下さい。

| 初めての方へ | 18:33 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相互リンクについて

当サイトはリンクフリーです。相互リンクも随時募集中です。
※掲載が不適切だと思われるサイト様にはお断りさせて頂くことがあります。

サイト管理人様へ

関連サイト様との相互リンクも大歓迎です。

相互リンクをして頂ける際、当サイトへのリンク情報は下記の通りでお願い致します。

サイト名:京都行くならこのお寺!
URL:http://kyoto219.blog.fc2.com/
紹介文:個人的に京都へ行くなら行って欲しいお寺の情報を紹介しています。

相互リンクをして頂ける管理人様は、お手数ですが当サイトへのリンク完了後に貴サイトの
サイト名・URL・紹介文を記載の上サイドバーのメールフォームよりご一報頂けますよう
お願い致します。

| 初めての方へ | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

管理人プロフィール

ご訪問ありがとうございます。

数年前から、年に数回は京都に通っています。
大型の連休が取れるわけでもないので1度に数箇所しか回れていません。
それでも好きなお寺には毎回行きたくなってしまうのでなかなか新しいお寺にも行けずにいます。

好きなお寺を何度も見ていつも満足している自分に最近気づきました。

サイト共々よろしくお願い致します。

| 初めての方へ | 18:26 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

このサイトについて

京都に通っている管理人ですが
毎回好きなお寺に行ってしまいなかなか新しい所へ行けていません。
時間にも限りのある旅行の中で何を見ればいいのかわからないまま
参拝するのはもったいないと思います。
歴史・建築・ちょっとしたポイントを少しでも情報として
お伝えしていければと思います。

| 初めての方へ | 18:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デザイン

「真行草」

日本の古くからのデザインの格付けに「真行草」というものがあります。

建築だけではなく書道や華道、茶道にもあると思います。

真:正格

行:中間

草:くずし

建築では至る所に真行草のデザインがあります。

屋根の材料を見てみても「真」は檜皮葺、

「行」は柿葺き、「草」は葛屋葺きといった感じです。

ちなみに瓦は仏教と一緒に伝わってきたので基本的にはお寺用でした。

格付けは室内にもあって和室のしつらえに多いですが

天井、壁、畳のヘリ、床の間の柱などなどいたるところにあります。

床の間の柱に関しては「草」として

いろいろな種類の木が使われていて

くねくねしたものから変わった樹種からと

気にしてみるとかなり楽しくなれると思いますし

少しでも知っているだけで楽しみ方が増えると思います。

| マメ知識 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「お寺」の基礎知識

「お寺」

寺院は仏教が伝わったことで始まります。

その後様々な宗派に分かれていきます。

時代とともに伽藍配置も変化していきます。

「一塔三金堂」から「二塔一金堂」のように。

寺院建築の見どころといえば「組物」です。

江戸時代までは釘を一切使用しない技がありました。

寺院の重たい屋根を支える為や地震に備える為に

日本独自の技術も生み出されました。

屋根の下の木が組み合わされているところです。

「組物」にも「和様」「大仏様」「禅宗様」があります。

中でも一番美しいとされているのが「和様」です。

他にも多くの種類がある「門」も見どころです。


お寺の作法。

山門で一礼。

手水場で手と口を清める。

鐘があったら鳴らしてご挨拶。

お賽銭箱の上の鈴を鳴らす。(必ずお参りする前に)

お賽銭はそっと入れる。

目を閉じて両手を合わせて頭を下げる。(神社のようにパンパンしない)

宗派によっては多少異なりますのでよく確認して下さい。

| マメ知識 | 11:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「神社」の基礎知識

「神社」

その昔日本では八百万の神様が宿っていると考えられていました。

岩や木そのものが神様でした。

中には山そのものが神様というところもありました。

なので拝殿しかなく今のような本殿を持つのはもう少し先のことでした。

その後本殿を持つようになり日本独自の建築様式ができてきましたが、

6世紀に仏教が伝わると仏教人気に押され神社も仏教色に染まりました。

神像を作ったり、「神は仏の仮の姿である」という説まで出てきました。

それでも神社特有の特徴は残っています。

神社の入り口でもある「鳥居」真っ直ぐな「参道」、一対の「狛犬」、

本殿の屋根の「千木」や「堅魚木」など見どころはたくさんあります。

「千木」の切り口が地面と垂直なら外削ぎと言って男神様、

地面と水平なら内削ぎと言って女神様が祀られていると言われます。

「堅魚木」も奇数なら男神様、偶数なら女神様と言われてますが、

どちらも例外があるそうです。少し気にしてみるだけで違いがわかると思います。

神社の参拝方法。

鳥居の前で一礼。

参道は隅っこを歩く。真ん中は神様の通り道。

手水舎で手と口を清める。

(左手・右手・左手に水をためて口をつける・もう一度左手・柄杓を立てて水をかける)

お賽銭はそっと入れる。鈴を鳴らし2礼2拍手をしてお祈り。

最後にもう1礼。名前と住所を伝えたほうがいいみたいです。

場所によっては違うこともありますのでよく確認して下さい。

少しくらい違っても神様は怒ったりしないと思いますが、

知っておいたほうがいいと思います。

| マメ知識 | 15:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。